ニセコひらふの歴史
弘治元年〜明治45年大正2年〜大正15年昭和2年〜昭和14年昭和15年〜昭和35年昭和36年
昭和37年〜昭和40年昭和41年〜昭和44年昭和45年〜昭和47年昭和48年〜昭和49年
昭和50年〜昭和51年昭和52年〜昭和54年昭和55年〜昭和56年昭和57年〜昭和59年
昭和60年〜昭和61年
昭和62年〜昭和63年平成元年〜平成3年

ニセコひらふの特徴
羊蹄山の水倶知安町の農業ニセコの春夏秋冬倶知安の気象

ニセコひらふの位置関係
全国地図北海道地図ニセコ周辺地図宿泊施設位置関係図


ニセコひらふの歴史:昭和48年〜昭和49年

1973年 昭和48年
  • [1月]アルペンコース1000m小屋近くに小助川の鐘が建つ
  • [2月9日]大雪閣似て町議会経済委員会、商工会議所、観光委員会との懇親会
  • [2月10日]ニセコ高原第5リフトオープン
  • 「羊蹄山に大スキー場計画」発覚、総武東武観光開発が羊蹄山南西斜面にスキー場を設置したい旨、地元真狩村に話が持ち込まれる。ロープウェイ1本、リフト4本で結ぶ計画。
  • [3月27日]第7回ニセコジュニアスキー大会
  • [3月]高原雪上車スノータイガー廃車、ラトラック2号車購入
  • [4月]オイルショックのためセメント不足
  • ニセコ高原第6リフトで吹き溜まりに雪害
  • [4月2日]樺山町有林19町歩7,500万円で売却
  • [5月]寒気団強く山の雪解け遅い
  • [6月]この頃より建設資材不足
  • [7月4日]ニセコ山系(ワイス)リフト免許着工するが1基年内未完成
  • [9月21日]北海道新幹線北回りが決定
  • [12月22日]振興会総会、地域消防団結成
  • ひらふ、宿泊料金の下限を2,500円に
  • 樺山、山田地区農業振興地域
  • [12月26日]アルペン山荘オープン

    日時不明
  • リフト利用回数2社で1,850千回
  • 日赤パトロールとリフトに電話設置
  • ニセコ高原ゲレンデ修復工事(1,200万円、北海興林施工)
  • アルペン、水源地の笹刈り
  • この年、山全体に笹の実がみのる

    宿泊施設
  • 白雲荘、民宿組合に加入
  • アルペン山荘本館140名増
  • ニセコ高原ロッジ増築40名増
  • 比羅夫観光ホテル増築70名増
  • 銀嶺荘増築45名増
  • ロッジ浦中増築
  • ロッジ岡田増築25名増
  • ひらふ全体の収容力、1,600名となる


町長、ニセコ山系の命において、国労共済のリフト断念さす。 リフト料金は昭和48年末より100円となり、アンヌプリスキー場も100円であったが、大和ルスツ・ワイスは90円であった。 ニセコ山系の中でチセヌプリリフトだけは積雪が豊富なため、5月20日までリフトを運行



1974年 昭和49年
  • [1月4日]ニセコバス、スキー場の要請にこたえ、午後5時15分便実現し、6便体制となる
  • [2月16日]サンモリッツリフト、ロープウェイ計画を町、営林署に提出
  • ニセコ山系公社(ワイス)リフト1基、ロッジ(ホワイトワイス)完成披露式典
  • [1月中]天候良好、2月降雪多く連休は市場最高の人手を記録
  • リフト支柱の雪堀り例年より早い
  • 2回目の東京スキー報道関係者来山
  • [3月11日]ニセコ高原、振興会席上でロープウェイ計画発表
  • [3月18日]国労共済、アンヌプリ東斜面所有地に51年までにホテル・リフト・レストハウスなどの建設計画提出
  • [3月27日]第8回ニセコジュニア大会
  • [3月30日]高原、雪上車ラトラック3号車購入
  • [4月下旬]台風並みの暴風雪で大和ルスツ被害大、展望ハウス倒壊、リフト小屋も飛ぶ
  • [4月10日]振興会、青少年対策部結成
  • [5月6日]ニセコ高原、リフト運行終了するがアルペンリフト、7日・12日も大雪の為運行
  • [5月12日]羊蹄閣ボーリング成功、50C、40リットル/分、深度243m
  • [6月]日本造林、スキー場T字路付近1町部取得し、造成工事始まる
  • [7月]ニセコ高原第6リフト終点、保護構築物工事、ヘリコプターを使う
  • 日商岩井ホテル計画案(336名収容)
  • ニセコ高原、新ホテル計画申請、4階建て、91室、278名収容
  • [11月12日]高原ホテル基礎工事、土砂が駐車場に流出し修復
  • [11月23日]スキー場開き、雪少なくリフト運行は見送る
  • [11月25日]ワイス、第2・第3リフト完成
  • [12月10日]国道入口、スキー場案内標識完成

    日時不詳
  • リフト利用回数、高原リフト1,210千回、
  • アルペンリフト 847千回
  • オイルショックのためリフト建設事情悪化、建設コスト1基4,500〜5,000万円(ワイス4,750万円)
  • 振興会、該当3灯設置
  • 町、財政困難を理由に町有地を売却
  • 日本ケーブルによると環境保全条例により設置計画はほとんど停止
  • リフト料金140円に

    宿泊施設
  • 銀嶺荘、さかえ旅館、ニュー白樺、ひらふ山荘、白雲荘増築工事
  • 山田温泉拡張工事
  • 大雪閣、経営者交代し楢崎大雪閣と改名
  • ニセコ高原ホテル造成中


昭和49年、オイルショックの影響はスキー場に及ばず、入場者数が昨年比を上回る。



地域の歴史・詳細 | 体験メニュー | 学生向コンテンツ | 宿泊施設 | ニュース | 緊急連絡先

お問い合わせ・ご予約のお申し込みは
旅の交差点(担当:下村俊幸)Tel: 0136-21-5557/ Fax: 0136-21-5558 / eMail: tabikou@hirafu.net

パンフレットのご請求は
ペンション 風(担当:宮沢敬)Tel: 0136-22-0620/ Fax: 0136-22-0621 / eMail: info@niseko-fuu.com

Copyright(C)2003-2005 ニセコひらふ教育旅行協会. All rights reserved.
当サイト内のコンテンツを無断転載・転用することを禁じます。