ニセコひらふの歴史
弘治元年〜明治45年大正2年〜大正15年昭和2年〜昭和14年昭和15年〜昭和35年昭和36年
昭和37年〜昭和40年昭和41年〜昭和44年昭和45年〜昭和47年昭和48年〜昭和49年
昭和50年〜昭和51年昭和52年〜昭和54年昭和55年〜昭和56年昭和57年〜昭和59年
昭和60年〜昭和61年
昭和62年〜昭和63年平成元年〜平成3年

ニセコひらふの特徴
羊蹄山の水倶知安町の農業ニセコの春夏秋冬倶知安の気象

ニセコひらふの位置関係
全国地図北海道地図ニセコ周辺地図宿泊施設位置関係図


ニセコひらふの歴史:弘治元年〜明治45年


 ニセコアンヌプリ(崖の上の山)の名で地図に載るのは、明治24年発行の道庁20万分の1の地図からである。明治29年陸地測量部発行の5万分の1地図には倶知安村の名が初めて入る。


 「クチャ・アン・ナイ」(猟人の小舎のある沢)。また、共和町から峠を越えて、倶登山川に近いところに岩盤があり、流れは1m程の岩の間を通る「クッ・シャン・イ」(崖の所を・流れ出る・もの)がクッシャニとなり、クッチャンとかわったものとの説がある。



1555年 弘治元年
  • ノルウェーでスキー競技会
1718年 享保3年
  • 北方戦争でノルウェースキー大隊が活躍する
1774年 安永3年
  • ノルウェー陸軍がスキーのための「冬期服務規程」作成
1804年 文化元年
  • 間宮林蔵「北蝦夷図説」で樺太の奥地住民がストウーをつけた図を紹介[〜1812]
1806年 文化3年
  • 岩尾登の硫黄が採掘された
1812年 文化9年
  • 中川五郎治、沿海州でスキーをはく
1843年 天保14年
  • [2月]ノルウェーのトロムソで本格的なスキー競技会
1861年 文久元年
  • [3月15日]ノルウェーのクリスチャニア(現オスロ)にスキー連盟発足
1863年 文久3年
  • ノルウェーのドロンタイムで世界初のスキー展覧会
1889年 明治22年
  • フリチョフ・ナンセン、スキーでグリンランドを横断する
1891年 明治24年
  • 「北海道植民地選定報文」にクッチャン原野の名が出る
1892年 明治25年
  • [5月]初めての開拓者クッチャン原野に入植する
1893年 明治26年
  • 虻田戸長役場が倶知安村を設置
1894年 明治27年
  • [3月]山田邦吉山田温泉を発見
1895年 明治28年
  • 日清戦争の戦利品として松川大将が日本に始めてのスキー1台を金沢に持ち帰る
1896年 明治29年
  • 雑誌「小国民」5月号にノルウェーのスキージャンプ記事が掲載せれ、日本のスキー文献として最古のもの
1897年 明治30年
  • 山田温泉営業許可がおりる。木造平屋建50坪8室の旅館として開業
  • えぞ錦の父・柳原虎蔵、樺山に移住
1899年 明治32年
  • [5月9日]倶知安村岩内村に編入
1904年 明治37年
  • [10月15日]北鉄線(北海道鉄道)全線開通、倶知安、比羅夫駅開業
1906年 明治39年
  • [5月30日]倶知安村第1回村会議委員選挙
  • 英国行使館付武官、デルメーランド・キフ氏北海道視察の際に、札幌月寒25連隊の将校にスキーを寄贈
1907年 明治40年
  • [5月]国道42号線(現5号線)を制定
1908年 明治41年
  • スイス人北大講師ハンス・コラー、学生にスキーを紹介する
1909年 明治42年
  • 倶知安村競馬大会を開催
1910年 明治43年
  • 後志支庁開設
1911年 明治44年
  • 樺太島技としてストウーの第1回競技大会を樺太庁が開催する
  • レルヒ少佐、越後の高田で初のスキー講習会
1912年 明治45年
  • [4月16日]レルヒ少佐一行、旭ヶ丘(通称大黒の山)でスキー練習、17日羊蹄山登山を行う
  • [6月]北大文武会スキー部設立
  • 札幌時計商・中野四郎、スキー専用工場を建て、スキー製造を始める(ツバメ印)
  • [12月22日]三角山スロープで北大スキー部の第1回スキー講習会開催。50名が参加



 目的は、前年富士登山を断念せざるを得なく、羊蹄山(通称エゾ富士)を旭川の地におけるスキー訓練の総仕上げとして登ることにあった。

  明治45年4月15日、夜9時30分倶知安到着。駅前の旭旅館(現在の安藤旅館)に宿泊。16日午前5時に出発の予定であったが、雨のため1日延期とする。午後晴れ間がのぞき、近くの大黒の山(現在旭ヶ丘の北隣)でスキー練習を公開。翌17日朝6時出発。8時山麓のエゾ富士登山会事務所着。13時7合目、14時頂上に達する。頂上付近は嵐と霧で気温はマイナス32度もあり、スキー登山というよりも完全な冬期積雪登山であった。17時30分、一行は無事山麓事務所に着く。この間9時間の行程であった。

  『雪風と登攀との苦闘!休息は僅か数分間に過ぎなかった』レルヒ自身が述懐している。 レルヒの羊蹄登山は小樽新聞・奥谷記者の同行もあって、連日、新聞報道がなされた。後日も論評や紀行文が随時連載され、スキーを社会に広めた功績は多大であった。

  明治44年正月、レルヒは明治37年にスウェーデンから送られた2挺のスキーを高田連隊の倉庫で見つけ、『このスキー(二本杖スキー)は知っている。これはよくない方で自分達はこれはできない』とわざわざ単杖のスキーを輸入した。




地域の歴史・詳細 | 体験メニュー | 学生向コンテンツ | 宿泊施設 | ニュース | 緊急連絡先

お問い合わせ・ご予約のお申し込みは
旅の交差点(担当:下村俊幸)Tel: 0136-21-5557/ Fax: 0136-21-5558 / eMail: tabikou@hirafu.net

パンフレットのご請求は
ペンション 風(担当:宮沢敬)Tel: 0136-22-0620/ Fax: 0136-22-0621 / eMail: info@niseko-fuu.com

Copyright(C)2003-2005 ニセコひらふ教育旅行協会. All rights reserved.
当サイト内のコンテンツを無断転載・転用することを禁じます。